« YOKOHAMA SY01V 発売 | トップページ | HIACE NO.5発売 »

2007年9月 2日 (日)

2007鈴鹿ミニモトOPEN観戦

久々に鈴鹿サーキットに足を運びました。

ライセンスもないため遊園地のゲートから入りましたが、

キッズバイクなどのエリアがゲートのすぐ近くにできてチケット

売り場も新しくなっていました。

遊園地のゲートからレーシングコースまでは結構な距離です。

グランドスタンド側からコースを見ることは今まであまりなく、

ちょっと寂しい気持ちになりました。

20070901_1

来年こそは向こう側の人になると心に誓いストレート下を

くぐってパドック側へ。

まず感じたのは、『年齢層が高い!』と『みんな楽しそう!』

です。

ファミリーも結構いて年に1回のイベントって感じで。

一応来年の為の下見なので、各チームのマシンや

ボーダータイムなんかを下調べしましたが、レギュレーション

が変わった間際でマシンを詰めきれてないチームが多かった

ように思います。

ポールポジションが2分52秒台。

ボーダーは3分10秒台前半。

決勝でもトップチームと下位チームのストレートスピードの差は

激しくまずエンジンチューンのレベルがカギになるでしょう。

ベースマシンはやはりNSFが一番でしょうか。

今から準備すれば来年にはイケルでしょう。

ライセンスの取り直しの為、SMSC事務局に行き用紙を

もらいました。

なんとまだ昔のライセンス番号でちゃんと履歴が残っていました。

ブランクがあるので講習で座学を受講する必要がありますが、

ライセンス更新料でライセンスを手にすることができます。

感激です(T T)

来年のミニモトはすでに始まっている!!

|

« YOKOHAMA SY01V 発売 | トップページ | HIACE NO.5発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4832/7776693

この記事へのトラックバック一覧です: 2007鈴鹿ミニモトOPEN観戦:

« YOKOHAMA SY01V 発売 | トップページ | HIACE NO.5発売 »